ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。
 

HOME採用情報先輩社員の声

先輩社員の声

工事一部 工事G(海事科学部卒)

三菱日立パワーシステムズガスタービンサービスを選んだ理由

工事一部 工事G(海事科学部卒)

当社との出会いは、大学で開催された合同企業説明会でした。
社会インフラを支える電力事業に携わり、ガスタービンという専門性の高い製品を取扱う企業であることに魅力を感じました。
後日、当社で開催された工場見学会でガスタービンの実物を目の当たりにし、その大きさに圧倒されたことを今でも鮮明に覚えています。
仕事の内容を更に知りたいと思うようになり、図々しくも人事の方に先輩社員と直接話す機会を設けてもらいました。
そこで、パンフレットやホームページには掲載されていない仕事の話を聞くことができ、自分のイメージと相違ないことを確認できたことが当社を選んだ決め手となりました。

職場の雰囲気

工事一部 工事G(海事科学部卒)

私の所属している工事一部は、現場経験豊富で気さくな方が多く、困ったことがあれば専門的なアドバイスをすぐにもらえ、相談しやすい職場です。
また、業務改善が活発に行われているため、皆が問題意識を持って日々の業務に取組んでいます。
若手社員の意見も尊重してもらえるので、経験が浅いからといって躊躇することなく積極的に発言できます。
一方、仕事以外では他部署との親睦会やスポーツ大会が活発です。新人からベテランまで一丸となって取組むので、普段関わる機会が少ない方とも親交を深めることができます。
このようにオンとオフを切り替えながら、刺激的な毎日を過ごしています。

海外統括部 工事遂行G(工学部卒)

世界の電気を守る

海外統括部 工事遂行G(工学部卒)

ざっくり言ってしまえば、これが私の仕事です。世界各国の発電所のガスタービンや周辺機器を定期的に点検することにより、機械を守り、ひいては人々が文化的な生活を営むために必要な電気の安定供給を支えています。
プランナーとして定期点検工事の計画段階から参画し、専門職種のエンジニアを海外現地へ派遣します。また、自身も工事の取り纏めや技術指導者として海外現地へ赴き、定期点検工事が円滑に遂行されるよう統括、管理します。
事務所にこもって計画を立てるだけでなく、実際に世界を股に掛け工事を遂行する私の仕事は、“世界の電気を守る”そう呼ぶに相応しい仕事だと自負しています。

海外出張の日々

海外統括部 工事遂行G(工学部卒)

3年間の実業務と手厚い教育により知識と技術力を習得し、最近は、出張の機会が増えてきました。
これまで韓国、中国、台湾、シンガポールの4ヶ国を計6回出張し、タイとオーストラリアにも出張の予定が入っています。
ようやく海外出張に慣れてきましたが、それでも文化の違いがあり日本語が通じない現地作業員に技術指導を行うという特殊な環境に不安が尽きません。
ですが、自分の知識と技術力が工事を円滑に遂行する糧となり、先輩にフォローされながら工事を進めていくと、不安よりも自信が勝るようになっていきます。
そうした中で無事にガスタービンが運転を始め、報告会で発電所のお客様から“Good Job!!” のお言葉を頂くと「次も頑張ろう!」 そう思う力が湧くから不思議です。

ページのトップへ戻る